LINK
クレカの強制失効とは、その名前の通りカードを没収(停止)されてしまうことを指します。強制没収された場合言うまでもないですがそのクレカについてはその時から、完全に利用不可になります。強制没収させられるケースは色々》クレカを理由の如何にかかわらず退会させられるパターンは多岐に渡ります。基本はいつもの支払いで切る等普通にクレカを使用している際にはみなさんが強制退会扱いとなってしまうパターンというものはそうそうないので安心して頂きたいですが強制退会となりうるパターンを記憶に留めておくことでクレジットカードを今よりも安心して利用できるようになると考えるため、この文章ではそのパターンのひとつの例に関して言及できたらと考えます。とにかく言えるのはクレジット発行会社に向かって信用を失う行動をしたり、クレジットカードの発行会社に対して損となってしまうような振る舞いをしないのであれば、まずもって失効となるようなことはありえないと思われます。安心して利用するということが一番のため以前に当てはまる類のことをした経験のある読者は、何が何でも信用できる履歴にできるよう精進して頂いたいです。カードの使用代金を払わない)このケースは甚だ論外の行為であるのですが、クレジットカードで利用した請求をカード会社に返さない料金の踏み倒しをする、常々借金のため請求金額の支払いがままならないようなケースには絶対に強制没収させられてしまうことでしょう。基本的にカードの発行会社はユーザーのことを信用しているからこそカードを渡しているのですから、利用者が返済できない限りはその信用は見事に崩れ去ってしまうことになります。このようなことから、カードを使用不可にすることにより一層の損害拡大を未然に止める行動を講じなければならないために、失効になってしまうのです。